一発暗号文書!

マイナンバーを検出して暗号化できます。

「マイナンバーの導入!カギとなるのは、データの暗号化」と言われています。まずは安価に1,800円 (税込)で、最も身近で大量にあるMS-Officeの暗号化から始めましょう。 フォルダをドラッグ&ドロップするだけで、ハードディスクやUSBメモリ上にある複数のOffice文書の暗号化を一括して行えます。マイナンバー時代、企業の必須ソフトです。もちろん解除も一括して行えます。

【Information】
マイナンバー検出機能(!)などを搭載して、当社「一発暗号文書!」をバージョンアップしました。オフィス文書の漏えい対策として高い評価をいただいていたこれまでの機能はそのまま、Windows 10、MS-Office 2016にも対応しています。
またこれまで旧バージョンをお使いの方はそのまま同じライセンスキーで新バージョンをお使いいただけます。(2015/11/24)

–––––
マイナンバーを含む文書ファイルは、社外への漏えいに限らず、内部においてもマイナンバー取り扱い担当者以外の手に渡った場合も想定して対策する必要があるでしょう。個々の文書ファイルに対策が必要です。そこで昔からあるパスワードです。文書にパスワードをかけることは、レガシーですが、水際対策としては非常に強固なのです。

ippatsu2000front


オンラインヘルプのダウンロード

File-Extension-Pdf-32オンラインヘルプ(PDF 1MB)


使用方法デモ

複数のOffice文書を一括してパスワードの設定/解除します。
文書内のマイナンバー検出もご覧いただけます(2分45秒)。

選択したOffice文書を右クリックメニューからパスワードの設定/解除します(1分26秒)。


特長

  • 複数のファイルおよびフォルダに格納されているオフィス文書のパスワードをワンクリックで一括設定、または解除します。
  • マイナンバーと疑わしき数字列を検出し、一覧にマイナンバーが含まれる疑いがある事を表示します。
  • パスワードが設定できるオフィス文書は、WORD/EXCELの2種類です(POWERPOINTについては一部機能制限があります)。VISIO/PUBLISHERについても取り込みは行われますが、パスワードの設定・解除はできません。
  • 文書の指定は、エクスプローラなどからドラッグ&ドロップするだけの簡単操作です。
  • パスワード設定の仕組みはオフィスの機能を内部的に使用しているため、オフィスアプリケーションのセキュリティ機能で個別にパスワードを設定・解除することと同じです。
  • 実際にパスワードをかける前に、パスワードがかけられるか(パスワードが未設定または、指定したパスワードと一致する文書)チェックできます。
  • セキュリティのために、当ツールは入力されたパスワード文字列をPC上に保存しません。(=失念したパスワードは当社に問い合わせされてもわかりませんので注意してください)
  • 文書名をダブルクリックするとアプリケーションを起動するので、簡易的な文書管理システムとしても利用できます。
  • デスクトップのアイコンにドラッグ&ドロップしたり、文書ファイルを右クリックして表示されるメニューからワンアクションでパスワードの設定、解除が可能です。

動作環境

下記動作環境を満たすWindows対応機 

〔ハード環境〕

  • Intel PentiumIII 800MHz以上
  • メモリ256MB以上
  • 必要ディスク容量:約 5 MB

〔対応OS〕

  • Microsoft Windows XP / Vista / Windows 7 / Windows 8,8.1 / Windows 10
  • ※Windows 98/95/Me/NTでは動作しません。

〔対応OFFICE〕

※アップグレードなどで動作環境が変化します。
 必ず試用期間中に正常動作することをご確認の上、購入手続きください。
 (「パスワード登録」「パスワード消去」が動作する事をご確認下さい)
  • Microsoft Word 2003/2007/2010/2013/2016
  • Microsoft Excel 2003/2007/2010/2013/2016
  • Microsoft PowerPoint 2003/2007/2010/2013/2016

オンライン価格

  • 1,800円 (税込)
    • 大量(100本以上)にご購入いただける場合はお問い合わせ下さい。

ライセンスについて

「一発暗号文書!」はオンライン販売形態の有償ソフトウェアです。 継続してご利用いただくためにはライセンスを購入し、利用者登録(当社よりライセンス番号を発行します)していただく必要がございます。ご試用いただける期間は、初めて起動した日から約2週間です。 試用期間のうちに、ご自身が期待する動作が可能かどうか、確認してください。なお、試用期限がきますと、本体の起動はできなくなります。(最初の画面でライセンス番号を入力しますと、継続して使用できるようになります) ライセンスの購入方法と設定方法については、製品添付のオンラインヘルプの「ライセンス番号の取得」を参照してください。 (Adobe Acrobat Reader が必要です。)

【ライセンスのカウントについて】

ライセンスは本ソフトウェアをご購入されたお客様が本ソフトウェア製品を同時に1台のPCでのみ使用する権利です。同時に複数のPC上で使用する場合には、使用する数分のライセンスが必要となります。(同時とは、起動している時間でなく、インストールしてライセンス 登録が済んでいる状態のことです) 例)1台のノートパソコンを自宅と会社と出張先で使用する → 必要ライセンス数 1 例)1台のノートパソコンを自宅と会社で、もう1台のノートパソコンで会社と顧客先で使用する → 必要ライセンス数 2 なお、使用許諾、ユーザーサポートなどについての詳細は、下記をご覧ください。この契約にご同意いただけない場合は、本ソフトウェアを使用することはできません。(インストーラ中で、同意を確認していますので、インストールが完了した段階でご承諾されたとみなされます)


法人の皆様へ

複数ライセンス同時販売による値引き、請求書・領収書の発行、媒体(CDR)での納品・納品書の送付、オンラインヘルプの媒体(紙)提供は、有償にて対応いたします。また、関連カスタマイズも可能です。 お見積もりは無料です。 詳細は、製品添付のドキュメントをご覧いただき、弊社までお問い合わせください。


【ダウンロードはこちら】

ダウンロード


【PayPalで支払い】

※アップグレードなどで動作環境が変化します。
 必ず試用期間中に正常動作することをご確認の上、購入手続きください。
 (「パスワード登録」「パスワード消去」が動作する事をご確認下さい)

【ライセンス発行はこちら】

※これまで旧バージョンをお使いの方はそのまま同じライセンスキーで新バージョンをお使いいただけます。

ライセンス発行》